今更ですが、シンポジウムは無事に終わりました
6月30日〜7月6日まで開かれた
“ノルディック・ニッティング・シンポジウム”は、
お陰さまで無事に終わりました。

海外からは講師も含めて52人、
日本人参加者は40人、日本人講師は7人、スタッフ6人、
これに出店者なども含めると110人余となりました。

b0143135_10387.jpg


東京では海外参加者のみで
日本の手仕事や文化を知ってもらうプログラムと東京見物、
7月3日からは清里の清泉寮で日本人参加者と合流してワークショップの日々。

シンポジウム終了後、海外参加者のうち50人は京都ツアーに。
美濃で手漉き和紙、鳴海では絞りを見学して京都入り。
川島織物文化館見学や茶道の体験など、日本文化にふれる内容の3泊4日のツアーでした。
海外からの講師5人は7月10日に大阪の「ておりや」主催のワークショップに。
シンポジウムに参加できなかった方が多数参加されました。

--------------------------------------------------------------------

「毛糸だま」(日本ヴォーグ社)秋号から
林ことみ企画でシンポジウム関連のページが始まりました。
今回のシンポジウムの講師3人に登場してもらい、
誌上でニットシンポジウムの再現をします。

1回目の秋号は私が去年ノルウェーでのシンポジウムで習ったダブルフックアフガン編み、
2回目の冬号ではフラットクロッシェフックのシャスティン・ヨンソン、
2010年春号はブーフース・ニッティングのスザンナ・ハンソン、
夏号はヴィヴィアン・ホクスブロを予定しています。

--------------------------------------------------------------------

シンポジウムに関しましては下記のサイトもご覧下さい。
●Vivian Hoxbro blog  →Homepage
●クロバー(株) メールマガジンweb vol.94vol.95
[PR]
by gavstrik | 2009-10-04 01:19 | report
<< 新刊タイトルは「エストニアで習... 2009 北欧ニットシンポジ... >>



オリジナリティを大事にしているニットファン、手仕事ファンと色々な手仕事情報を共有したいと思っています。
by gavstrik
カテゴリ
全体
information
report
お知らせ
以前の記事
2014年 08月
2014年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 06月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2008年 06月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
(5)
(4)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧