タグ:ワークショップ ( 5 ) タグの人気記事
ワークショップのご案内

この秋、下記の日程でワークショップを行います。


鎌倉

場所・申込:アウトサイドイン 電話 0467-61-3386

●9月22日(月)11:00~13:30 

 エストニアでならったセトレースのプチマフラーのレッスンと

 今年行って来たエストニアのムフ島のレポートを行います。

b0143135_15520395.jpg





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 


札幌 -1

場所・申込:presse

●10月4日(土)11:00~14:00 

 スクエアモチーフを編みつないだひざ掛け

 フェロー諸島のグラデーション糸を使って編みます。

 ガーター編みなので縁編みが不要です。

b0143135_15521841.jpg




●5日(日)11:00~13:00 

 デンマークのシルクツィードの糸でレース編みマフラー

 きれいな色合いと独特のネップが入ったシルク糸で

 ちょっとおしゃれなマフラーを編みます。

b0143135_15521868.jpg




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

札幌 -2

場所・申込:札幌ヴォーグ学園

●10月6日(月)13:00~16:30 

 2枚同時に編む靴下

 Socks at Once という一度に1足が編める方法で靴下を編みます。

 かかとは初心者にも簡単な方法で。3時間半で頑張ってかかとまで編みましょう!

b0143135_15522609.jpg

●10月7日(火) 10:00~13:00

 エストニアの伝統パターンを編み込んだキツネ

 色々な色と模様を選んで小さな編みぐるみのキツネを編みます。

 今年の夏に、この編みぐるみの作者である2人のアヌーに会った時の

 お話も一緒に。

b0143135_15522632.jpg 


[PR]
by gavstrik | 2014-08-30 16:02 | お知らせ
10月に札幌でワークショップを開きます!
*札幌ヴォーグ学園で10月9日(火)・10日(水)に
ドミノ編みのワークショップを行います。
今年のシンポジウム(アイスランド)の報告もいたします。
この講座の続きは2013年1月29日(火)と30日(水)にも行われ、
この2日間はエストニアのニットのリストウォーマーと
ハプサルレースのマフラーを作ります。
糸の販売(10色各20g巻き)もいたしますが、
好きな糸と針をお持ちになって下さい。
ウエブサイトもご覧下さい→http://gakuen.nihonvogue.co.jp

【1】10月9日(火) ドミノ編みのひらひらマフラー
b0143135_954186.jpg

【2】10月10日(水) ドミノ編みの小物入れb0143135_10411826.jpg




−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

*北欧雑貨の素敵なお店 “presseで今年もワークショップを開きます。

【1】白樺編みのリストウォーマー
b0143135_11473626.jpg
白樺カゴを思わせる白樺編みの基礎を学びながら
手軽なリストウォーマーを編みます。
夕焼色のグラデーションが美しい
スウェーデンのオステルヨートランド毛糸を使います。
 日時 10月12日(金)11:00〜13:00
 定員 10名
 場所 presse
 参加費 5,800円(材料費込み、お茶・お菓子付き)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【2】デンマークフェロー島の毛糸で編む、あったか三角ショール
b0143135_11484552.jpg
デンマーク領フェロー島のナチュラルカラーの毛糸で編む、
シンプルな作りの冬のコーディネートにぴったりなショールです。
コシがあり、編みやすい暖かくしっとりしたフェロー島の毛糸は
洗いをかけるほどに柔らかく肌になじみます。
 日時 10月13日(土)11:00〜13:00
 定員 10名
 場所 presse
 参加費 4,800円(材料費込み、お茶・お菓子付き)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【3】ダブルフックアフガンクロッシェで編む、冬の暖かなキッチン小物

かぎ針派の方におすすめ、アフガン編みの基礎を学びながら、
気軽に使えるキッチン小物を作ってみませんか?
シンプルな四角のモチーフ編みから、鍋つかみ、マットなどの応用が効く、
冬のキッチンにぴったりな小物づくりを学びます。
 日時 10月13日(土)15:00〜17:00
 定員 10名
 場所 presse
 参加費 4,800円(材料費込み、お茶・お菓子付き)
[PR]
by gavstrik | 2012-09-14 11:57 | お知らせ
2月・3月のワークショップ予定
2009年まで毎年開かれていた「東京スピニングパーティー」の主催をされていた
「惠糸や」の吉沢さんから久しぶりにご連絡を頂き、
2月・3月、各1回ずつですが、ワークショップを開くことにしました。
私のワークショップだけでなく
同時に「手紡ぎ」「フェルティング」「織り」などの講習も開かれますので
今月は「ニット」、来月は別のワークショップ、という風に選んで参加できます。

b0143135_0165292.jpg

私のワークショップは、カシミヤ100%のカラフルな糸を10g巻きにして頂いたので
これで何か小物を作ろうかと考えています。
編みながらおしゃべりしたり、
色々なワークショップ参加者やインストラクターの方々と交流をしながら、
楽しい体験をしてみませんか。
見学もOKですので、興味のある方は下記にお問い合わせ下さい。

−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−

●日時 2月18日(土)・3月17日(土) 13 : 00 ~ 15 : 30
●場所 メイプルホール 
    〒252-0235 神奈川県相模原市中央区千代田2-2-15
    電話 042-751-5011
    JR横浜線 相模原駅からバス⑥番線で約10分「高校入り口」下車2分
         ①②番線で約8分「市役所前」下車8分
    URL http://www.maple1990.com/menu/maplehall/hall_top.html
●お問い合わせ 惠糸や(かしみや)
        URL http://www.cashmere-ito.jp/ 
        電話 042-769-6335 FAX 042-769-6354
[PR]
by gavstrik | 2012-02-04 00:19 | お知らせ
ワークショップが始まります
今まで単発でのワークショップはひっそりと、
時々要請をうけて開いていましたが
この秋、短期間ではありますがワークショップを定期的に6回、
それとは違う主催者で1回、
下記のスケジュールで行う事となりました。

10月、11月、12月の第一、第三土曜日に
NHK文化センター青山教室で6回、ワークショップを行います。
テーマは表編みだけでできる編み物。
10月はドミノ編み、11月は袋編み+ファー、
12月はガーターのビーズニッティングの作品を作ります。
詳しいことは8月24日以降にNHK文化センター青山教室に
お問い合わせ下さい。


b0143135_1172847.jpg

●NHK文化センター青山教室…http://www.nhk-cul.co.jp/school/aoyama/ 



11月12日と13日には札幌で
ビーズのリストウォーマーのワークショップを開きます。
主催者は札幌で北欧とバルトの雑貨店「presse」の店主須藤さん。


b0143135_117950.jpg

今回は彼女が6月にリトアニアに行って仕入れて来た
毛糸、ビーズ、編み針(日本では手に入り難い細い金属製)を使って
ビーズの編み込みリストウォーマーを作ります。
リトアニアでは民族衣装にも
ビーズのリストウォーマーが使われているらしく、
そのデザインは素晴らしいものです。
今回は現地で仕入れたリストウォーマーの展示会も
同時に開かれる予定です。
ただ今はデザインと試し編みに取り組んでいます。

●お問い合わせ・お申し込み…presse:http://momentsdepresse.com
[PR]
by gavstrik | 2010-09-06 01:22 | お知らせ
久々のワークショプ
5月25日に大阪の「ておりや」さんでワークショップを開きました。
その中には去年のシンポジウムに参加された方が5名いて、
そのうち2名が今年も参加されるとの事。


今回のワークショップは
私がこのところ熱中している「読んで編む編み方」。
ておりやさんの会報誌「Te」の最新号から連載を始めた
「読んで編む編地」の続きです。


b0143135_333133.jpg
ておりやさんが用意してくれた糸。
これで3種類の編み地レッスンをしました。
可愛い糸に手作り心がくすぐられます。



去年の秋から少し暇になって、
今まで買いためた洋書のニット本と首っ引きで
珍しい(私にとってですが)編地サンプルを作っています。

そのときに実感したのです、
編み図がないから編めるのかもしれないと。

「ワンダーニット」を出版したときにも
なんとなく感じていたのですが、
編み図になりにくい編み方は置き去りにされ、
一般読者の目には触れないで来たのではないか、という疑問です。

確かに編み図は便利で日本の誇る表現方法ですが、
逆にこれにとらわれて編み地の紹介ができなくなっていたとしたら、
これは問題です。

私の大好きな「キヒノビッツ」は編み方としては「裏編み」。
でも裏編み記号だけではこの編み方はわかりません。

そこで「読んで編む」方法でちょっと複雑な編み地に挑戦していただこうと、
ワークショップを企画しました。
次号の「Te」にも載りますのでよかったらご覧下さい。

ておりやさんのホームページ http://www.teoriya.net
[PR]
by gavstrik | 2010-06-02 03:35



オリジナリティを大事にしているニットファン、手仕事ファンと色々な手仕事情報を共有したいと思っています。
by gavstrik
カテゴリ
全体
information
report
お知らせ
以前の記事
2014年 08月
2014年 02月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 09月
2010年 06月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 07月
2008年 06月
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
(5)
(4)
(3)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧